お隣さんニュース

海を挟んでお隣の国のニュースと時事ニュースをまとめてみました。

    カテゴリ: 韓国

    1: Ikh ★ 2022/04/22(金) 20:38:52.90 ID:CAP_USER
     【ソウル=桜井紀雄】韓国の与党「共に民主党」が5月の政権交代を前に、検察から捜査権を全面的に剥奪する法案の成立を目指している問題で、最大野党「国民の力」まで修正案を受け入れたことに反発し、金浯洙(キム・オス)検察総長や最高検次長検事、ソウルや釜山など全国6高検のトップ全員が22日、辞意を表明した。

    検事総長と高検トップが総辞任すれば、韓国検察史上初めてとなる。政権交代までに検察の力をそごうとする現与党と検察の対立がエスカレートしている。

     朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長が22日、法案を巡って続く与野党間の対立を仲裁するため、修正案を提示した。修正案は、検察の直接捜査権と起訴権を切り離した上で、検察が現在、捜査を担う選挙犯罪や大型災害といった「6大犯罪」のうち、汚職と経済犯罪以外の4つを外す。汚職などの直接捜査権も、「韓国版FBI」と呼ばれる「重大犯罪捜査庁」の設置後、廃止する。

     最高検は、修正案は与党案と大枠で違いはないと激しく反発。国会などで関係機関を集めた議論さえ行われなかったと批判した。金検事総長は17日にも辞意を示したが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が慰留していた。

    産経新聞 2022/4/22 19:15 桜井 紀雄
    https://www.sankei.com/article/20220422-F5HCXQGCEBMM3EVSTJYP65Z7VA/

    引用元: ・【韓国】韓国検事総長と高検トップ全員が辞意 [Ikh★]

    【【韓国】韓国検事総長と高検トップ全員が辞意】の続きを読む

    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/04/22(金) 17:48:09.02 ID:CAP_USER
     韓国紙・朝鮮日報が日本、中国、韓国の3カ国によるサッカー・ワールドカップ(W杯)の開催に言及したことについて、中国のファンからは「勘弁して」と否定的な声が上がっている。

    中国メディアの観察者網などが伝えたところによると、朝鮮日報の21日付記事は、韓国サッカー界の発展に言及した際、「韓国が単独でW杯を開催することも、日中韓で共催することも、どちらも素晴らしい選択だ」と述べた。

    これに先立ち、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は2026年大会から出場国が48に増えることを念頭に「一つの国でW杯を開催することは過去のものになるかもしれない。多国による共催で持続性を確保できる。これは世界の流れだ」などと発言していた。

    観察者網の記事は、「2002年に日韓W杯が行われたほか、2026年のW杯は米国、カナダ、メキシコの3カ国で共催する。また、2028年の欧州選手権は英国とアイルランドで開催される見通しだ」と紹介。「こうした方法は、一つの国がW杯を開催するプレッシャーをある程度緩和するものだ」としている。

    ただ、中国のネットユーザーからは否定的な声が続出しており、「勘弁してくれよ」「結構です。韓国とは嫌です」「前回の(日韓)W杯で韓国が何をしたか忘れていない。スポーツ精神の無い国と共催なんてしたくない」「金目当てで中国を抱き込もうとしてもそうはいかない」「韓国と共催するくらいなら中国が単独で開催する」といったコメントが並んだ。

    また、「気まずいな」「中国が開催してどうする。金を払って恥をかくのか?」「われわれはW杯開催に値しない」「中国のサッカーレベル+日本の開催能力+韓国の道徳レベル…どうなってしまうのか」「卓球ならいいけど、サッカーは恥をかくだけだから」「女子サッカーなら良いかもしれないけど男子は無理」など、自国の代表はW杯に出場できるレベルにないと指摘する声も多数寄せられた。(翻訳・編集/北田)


    https://www.recordchina.co.jp/b893069-s39-c50-d0052.html

    引用元: ・韓国メディアが日中韓でのサッカーW杯共催に言及=中国ネット「韓国とは嫌です」「中国が恥かくだけ」 [4/22] [昆虫図鑑★]

    【韓国メディアが日中韓でのサッカーW杯共催に言及=中国ネット「韓国とは嫌です」「中国が恥かくだけ」】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2022/04/19(火) 19:32:59.16 ID:CAP_USER
    「ハンラフォーカス」終わらない王桜起源論難(中)「基準母樹」命名後、基準母樹が日本産?
    後継木普及計画蹉跌憂慮

    http://www.ihalla.com/view_img.php?gimg=202204/724516.jpg
    基準母樹増殖事業(左)と植栽されている後継木。暖帯亜熱帯山林研究所提供

    ・国立山林科学院・済州道、2015年基準母樹命名式
    ・「日本産栽培王桜」国立樹木園発表で山林庁が騒ぎ
    ・「我が国固有種の保存・普及に支障はない…論争を解消すべき」

    2015年4月、漢拏山国立公園観音寺地区では王桜の「基準母樹」の命名式が行われた。

    参考画像
    https://imgnews.pstatic.net/image/001/2015/04/07/PYH2015040702830005600_P2_99_20150407111106.jpg

    この基準母樹から後継木を育て、国内はもちろん全世界に王桜原産地である済州を知らせるという構想が公式化された。 国立山林科学院と済州特別自治道、韓国植物分類学会が共同で参与した。

    基準母樹は自生王桜の中でも学術的、資源的価値が高いものと評価された。国立山林科学院は、生育状態と木の形、開花の形質などを全部考慮して、基準親木を決めた。指定当時、樹齢140年くらいになると推定されて、高さ15メートル、根周り3.45メートルに達した。

    最近、この基準母樹が「王桜起源論難」の中心に置かれた。国家機関である山林庁の中でも、これを眺める視線が違っている。

    これに先立ち国立樹木院は2018年、「済州自生王桜遺伝体解読」の研究結果を発表して、この基準母樹の桜の木が栽培種である日本王桜とほぼ同じだと明らかにした。遺伝体を分析してみると、済州の主要記念王桜5個体の中の4体が1グループを形成したのとは違い、基準母樹は日本東京に植栽されている王桜と同じグループを形成したという結果からだ。研究チームは、この基準母樹が済州の自生種とは違い、栽培されてから自然に移されたものと推定した。

    当時、このような発表をめぐって山林庁内部では論争が激しかったと伝えられた。結果的に同じ山林庁所属機関である国立樹木園と国立山林科学院が異なる意見を出したためだ。

    国立山林科学院が基準母樹を指定したことには、済州王桜が栽培種を含む全ての王桜の「母樹」という象徴的意味が込められた。王桜の自生地は世界的に我が国が唯一で、済州漢拏山には多様な遺伝型を持つ王桜が自生しているという点などが根拠となった。「遺伝体分析の結果、済州王桜と日本王桜は互いに明確に区分される別の植物」という国立樹木園の発表と比べると、立場の違いが確かに表れている。

    山林庁所属の両機関間のこのような論争は、2019年桜類の種の特性を明らかにする研究は国立樹木園が担当することで調整されて一段落した。しかし、問題は残った。 国立山林科学院が基準母樹を中心に推進してきた王桜後継木の育成・普及への影響は避けられないという声が出ている。

    国立山林科学院は2011年から観音寺の基準母樹を含む自生王桜2本を介して後継木を増殖してきた。二つの木から枝など挿穂を採集して接木する方式で、2017年までに後継木9778本を育てた。2015年には自生王桜の種子1000粒を播種した。現在、暖帯亜熱帯山林研究所の西帰浦(ソキポ)試験林と漢南(ハナム)試験林の2ヵ所に17万平方メートル(2678本)規模の王桜後継林が造成されている。

    国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所の関係者は、「基準母樹の命名式は、観音寺王桜の一個体だけでなく、自生地としての済州王桜の価値を認めたものだ」とし、「このような脈絡から見ると、(国立樹木園の発表が)韓国固有品種を保存して普及するのに差し支えはない」と話した。 その一方で、「議論の余地を解消できる統合的な研究が必要だ」とし、「もっと多くの王桜標本を収集し、その対象を日本まで広げる遺伝子比較研究が行われなければならない」と話した。

    漢拏日報(韓国語)
    http://www.ihalla.com/article.php?aid=1650294000724516320

    【桜の起源】 済州か日本か…ソメイヨシノ起源めぐる110年論争に終止符★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536837613/

    引用元: ・【韓国起源説】 普及用王桜の「基準母樹」が日本産だった?DNA分析発表で騒ぎ…終わらない王桜の起源論争[04/19] [LingLing★]

    【【韓国起源説】 普及用王桜の「基準母樹」が日本産だった?DNA分析発表で騒ぎ…終わらない王桜の起源論争】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2022/04/18(月) 19:23:00.77 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の裵賢鎮(ペ・ヒョンジン)報道官は18日の記者会見で、日本に派遣する「政策協議代表団」について、「岸田文雄首相との面会などあらゆる議題を持って日本に向かう」と明らかにした。

     尹氏が海外に政策協議代表団を派遣するのは米国に続き日本が2カ国目となる。米国に派遣した代表団はバイデン大統領やブリンケン国務長官とは面会しなかったが、日本に派遣する代表団については岸田首相と面会する可能性を排除しなかった。

     代表団は鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長が団長を務め、24~28日の日程で訪日する。各界の要人と面会し、北朝鮮政策や韓日の懸案などについて議論する。鄭氏は聯合ニュースに対し、岸田首相との面会は決まっていないとしながらも「面会を期待している」と述べていた。

    朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2022/04/18 10:26
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/18/2022041880071.html

    引用元: ・【韓国】日本に派遣する代表団 岸田首相との面会可能性排除せず [Ikh★]

    【【韓国】日本に派遣する代表団 岸田首相との面会可能性排除せず】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2022/04/18(月) 17:49:05.80 ID:CAP_USER
    2022年4月18日、韓国・ソウル経済によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣する政策協議代表団の団長を務める鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長が「最悪の状況のまま放置された日韓関係を修復することがわれわれの国益になる」と述べた。

    記事によると、鄭副議長は17日に行われたインタビューで「(尹)次期大統領も、歴史を直視しつつ(1998年に当時の小渕恵三首相と金大中大統領が署名した)日韓共同宣言のような未来志向的な日韓関係を構築しようとしている」と明かした。

    また「深刻な北朝鮮の核の状況に加え、米中の戦略対立が深まっている」とし、「急変する国際情勢下で日韓間の戦略的協力を修復し強化することが、朝鮮半島はもちろん世界の平和と反映のためになる」と強調した。

    その上で「政策協議代表団は岸田文雄首相を含む日本の外務省や行政部、議会、財界、メディア、学会などさまざまな人たちとの会談を期待している」とし、「(会談を通して)北朝鮮の核問題での政策協力と、日韓間の問題を解決するための土台作りができるよう努力したい」「新たな尹政権が追い求める新たな日韓関係と日米韓協力体制の修復に重点を置く」などと述べたという。

    これに先立ち、尹次期大統領の報道官は「尹次期大統領が24~28日に日本に政策協議代表団を派遣する。団長には鄭副議長を任命した」と発表していた。尹次期大統領が外国に政策協議代表団を派遣するのは米国(3~11日)に続いて日本が2番目だという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは

    「新政権はやっぱり親日集団」
    「韓国経済を滅ぼそうと半導体のフッ化水素の輸出を制限した日本に対し、政府と企業が一丸となって必死に対抗したことをもう忘れたのか?」
    「日本の望みを全て聞けば当然、関係修復は簡単にできる。でもそれは売国行為」
    「屈辱的だ。日本は今も韓国への挑発を続け、関係改善に向けた努力なんて一切していないのに」
    「日本が仕掛けてきた貿易戦争でより大きな被害を受けたのは日本でしょ?。相対的に韓国にとって利益になる部分が多かったんだよね?。それなのになぜ韓国が先に手を差し伸べ、和解しようと求めるのか」

    など反発の声が続出している。


    2022年4月18日(月) 14時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b892774-s39-c100-d0191.html

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1650262603/

    引用元: ・【日韓】 訪日する韓国の代表団団長が「日韓関係の修復が国益になる」と発言=ネットで反発の声続出 「屈辱的だ」★2 [04/18] [荒波φ★]

    【【日韓】 訪日する韓国の代表団団長が「日韓関係の修復が国益になる」と発言=ネットで反発の声続出 「屈辱的だ」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2022/04/15(金) 11:01:00.39 ID:CAP_USER
    韓国外交部(外務省に相当)は14日、イラン側が明かしたイラン凍結資金問題の暫定合意対象について「事実と異なる」と明らかにした。

    外交部はこの日、「先ごろ、この問題の合意のために韓国政治代表団がイランを訪問したという事実はない」として、このように明かした。

    これに先立ち、ホセイン・アミール・アブドラヒアン・イラン・イスラム共和国外務大臣は13日(現地時間)、記者会見で「ある外国の銀行とわれわれの出金要請分の一部を解くことで合意した」と発表。

    また「今回、外国銀行との交渉履行をフォローするため、該当国家の代表団が12日、テヘランを訪問。イラン中央銀行と外務省関係者が会合した」とし、「いつ、どのような方法で、などの詳細に対する暫定合意を結んだ」と伝えた。

    この政府発表を受けて、イランのメディアは今回の合意の最終目標は70億ドル(約8800億円)規模のイラン凍結資金を取り戻すことだと報道。その対象に「韓国」が浮上しているとした。

    韓国銀行には、2010年からイラン中央銀行名義でやり取りした石油代金など70億ドルが、米国の制裁などで凍結された状態だ。


    2022/04/15 10:30配信
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0415/10343898.html

    引用元: ・【国際】 イラン側が韓国と「資金凍結解除」と報道も、韓国政府は否定「事実と異なる」 [04/15] [荒波φ★]

    【【国際】 イラン側が韓国と「資金凍結解除」と報道も、韓国政府は否定「事実と異なる」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2022/04/17(日) 11:14:37.75 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の裵賢鎮(ペ・ヒョンジン)報道官は17日の記者会見で、日本に「政策協議代表団」を派遣すると発表した。

    代表団は24~28日の日程で訪日する。日本の外務省や国会、財界、メディア界、学界の要人らと面会する。

    代表団は7人で構成され、団長は国会副議長で尹氏が所属する次期与党「国民の力」の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会議員、副団長は同党の金碩基(キム・ソクギ)議員が務める。

    尹徳敏(ユン・ドクミン)前国立外交院長、政権引き継ぎ委員会外交安保分科の専門委員を務める朴喆熙(パク・チョルヒ)ソウル大国際大学院教授、張虎鎮(チョン・ホジン)元駐カンボジア大使、外交部北東アジア局長を務めた李相徳(イ・サンドク)元駐シンガポール大使らが参加する。

    裵氏は訪日の目的について、「尹大統領就任以降の対北政策や韓日関係など政策協議のために派遣される。対北での連携、韓日懸案の解決のための土台を築くことを期待している」と述べた。

    尹氏は今月3~11日に米国に政策協議代表団を派遣していた。海外に代表団を派遣するのは日本が2カ国目となる。


    2022.04.17 10:41
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220417000700882

    引用元: ・【韓国次期大統領】 日本に政策協議代表団派遣=24~28日 [04/17] [荒波φ★]

    【【韓国次期大統領】 日本に政策協議代表団派遣=24~28日 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2022/04/16(土) 09:36:03.60 ID:CAP_USER
    ※文化日報の元記事(韓国語)
    韓国の「新弓」、T-80Uラ戦車要請を拒絶され、大使が防衛産業訪問を試みる
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=20220415MW091258293347
    >陸軍のT-80U戦車は敵性装備を軍の正式装備として採用した事例で、世界的にも類例が珍しい場合といえる。

    ※京郷新聞の元記事(韓国語)
    ウクライナが要請した軍用物資にロシア製「T-80U戦車」も含む
    https://www.khan.co.kr/politics/defense-diplomacy/article/202204142120005
    >この関係者は「ウクライナ側が要求した武器リストには、T-80U戦車と外部に知られていない特定の武器体系が含まれた」と伝えた。
    >ウクライナ国防部が外部に公開できなかった特定の武器体系に言及し、軍関係者たちも慌てたと伝えられた。
    >これを受けて米国側がウクライナに支援できる韓国軍武器リストを提供したのではないかという観測が出ている。

    ~~~記事~~~

    ロシアと戦争中のウクライナが、韓国に要求した軍用物資にロシア製T-80U戦車が含まれたいことが分かった。他にも、韓国軍が対外的に公開していない兵器も含まれ、米国がリストを提供したとの見方が出ている。

    韓国軍関係者の証言をもとにした複数の韓国紙報道によると、ウクライナ側は韓国に150~200品目の軍用物資を要求していた。地対空ミサイル「新弓」や対戦車ミサイル「?弓」に加え、韓国軍が運用するロシア製戦車「T-80U」も含まれたことが分かった。

    韓国軍が保有しているT-80Uは、冷戦終結直後の1990年代に30台余りが導入されたもので、敵の武器体系を研究するために取り入れた教育用戦車として運用され、その後に正式装備として採用されたものだ。

    このような「敵性装備」を正式に採用するのは世界的にも珍しいケースであると文化日報(15日)は伝えている。

    京郷新聞によると韓国軍関係者は「ウクライナ側が要求した武器リストには、T-80U戦車と外部に知られていない特定の武器システムが含まれた」と述べたとされ、「軍関係者たちも慌てた」と伝えた。

    これをめぐっては米国側がウクライナに支援できる韓国軍の武器リストを提供したのではないかという観測が出ていると同紙は指摘している。

    京郷新聞は一方で、米国がT-80U戦車など韓国軍が運用する武器を購入してウクライナ軍に供給する方案を推進することもでき、韓国政府の対応が注目されると伝えた。

    ただし、韓国政府がウクライナに支援される武器を米国に販売する場合、ロシアは韓国を敵と規定して強力な制裁を加える可能性がある。


    2022年4月15日
    https://korea-economics.jp/posts/22041506/

    引用元: ・【韓国紙】 「宇は韓国に露製T-80U戦車や非公開の兵器要求」で軍関係者慌てる  「韓国軍の武器リストを米がリーク?」 [04/16] [荒波φ★]

    【【韓国紙】 「宇は韓国に露製T-80U戦車や非公開の兵器要求」で軍関係者慌てる  「韓国軍の武器リストを米がリーク?」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2022/04/16(土) 16:11:53.89 ID:CAP_USER
    5月に発足する尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権には外交的な難題が多い。いつでも高強度の挑発ができるよう準備する北朝鮮の脅威、米中間で激化する戦略競争など、どれ一つも容易なものはない。

    しかし実際これをうまく解決していくことが可能な隠れたポイントがある。それは日本だ。

    韓国は自由民主主義と市場経済という核心価値を共有する隣国の日本と多くの安保懸案で利害関係が一致するからだ。脅威に対応するための連携はやりやすい。

    一例として北朝鮮のミサイル脅威が挙げられる。非核化の方法は対話が必要だが、米朝が当事者となる非核化対話で「スモールディール」に対する懸念は常に存在する。

    米国本土に脅威となる長距離ミサイルの除去を優先視する場合、韓国を脅かす短距離ミサイル問題は看過されやすい。こうした状況を共に防げる唯一の国が日本だ。

    韓日は北朝鮮の中距離・短距離ミサイルによる安保の脅威を共有する。

    それで、文在寅(ムン・ジェイン)政権が韓日関係を最悪の状況になるよう放置または助長したのは、北核の脅威をはじめ多くの安保的懸案を扱ううえで自らを不利な状況に追い込むのと同じだった。

    もちろん誰が原因を提供し始めたのかを問いただせば、非難されるべき側は日本だ。不当な経済報復措置を取り、過去の問題に誠意ある態度も見せなかった。

    しかし外交力というものは「それで」でなく「それでも」を成し遂げるものだ。断交するのではない限り、それでも韓日関係をこれほどまで悪化させないために、政府は今よりもっと努力するべきだった。

    ところが国内政治的に反日感情を活用して対決構図にさせたのが文政権の敗着だ。その間、葛藤の根源である過去の問題解決のための国内的努力も十分にしなかった。

    5年間のトンネルを過ぎて、ようやく韓日関係改善の環境が形成されつつある。尹錫悦次期大統領は候補時代から関係改善の意志を見せ、日本でも文政権が退くだけでも状況が変わるという期待感が高い。

    しかし最近の日本発の報道を見ると、尹政権はこのような期待感を満たすのではなく、期待感を下方調整する方向を定めるべきではないかと感じるほど心配が多い。

    尹錫悦次期大統領が就任直後の5月末に開催されるクアッド(日米豪印)首脳会合へのオブザーバー出席を希望し、「非公式」に訪日を打診した、という日本経済新聞の14日の報道が代表的な例だ。

    非公式という表現自体が引っかかるうえ、日本政府当局者でなく「クアッド参加国の政府高官」が明らかにしたという。

    物証はないが、国内外的な反応を見ようとする一種の探りではないかと疑われる。案の定、松野博一官房長官は報道の直後、「打診がわが国に対して行われた事実はない」と反論した。

    情報の出処が日本でもなく、さらに非公式の打診であり、反駁するのも容易だ。これに先立ち大統領職引き継ぎ委員会が直ちに「全く議論されていない」と一線を画したのはもちろんだ。

    大統領選挙が終わってからずっとこのような流れだ。尹次期大統領の就任式に送る祝賀使節に関しては一行も報道されないが、韓国が日本に政策協議団(特使団)を送る計画だという報道は多い。

    開始からこのような形の駆け引きはよくない。韓国側でいくら韓日関係改善に向けた環境が形成されたとしても、日本が呼応する意志がなければいかなる効果もない。手のひらも互いに接してこそ音が出るものではないのか。

    政策協議団に関しても簡単に結論を出せない理由がある。4月末または5月初めには日本が毎年「外交青書」を公開するが、今回も独島(ドクト、日本名・竹島)に関する主張を入れるのは明白だ。

    政策協議団を日本に送る場合、ちょうど4月末が適期となる。韓国の領土主権を堂々と否定する日本に尹次期大統領がどうやって快く政策協議団を送れるのか。

    中央日報日本語版 2022.04.16 14:00
    https://japanese.joins.com/JArticle/290018
    https://japanese.joins.com/JArticle/290019

    引用元: ・【中央日報】 韓国 「尹錫悦時代」、韓日関係でまずやるべきこと [04/16] [荒波φ★]

    【【中央日報】 韓国 「尹錫悦時代」、韓日関係でまずやるべきこと 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [CN] 2022/04/14(木) 20:15:46.44 ID:lgzK95Kn0● BE:844481327-PLT(13345)
    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    アメリカから覚醒剤7キロ、末端の密売価格でおよそ4億円相当をテーブルの板の中に隠して密輸したとして、57歳の暴力団幹部ら2人が逮捕されました。
    警視庁は国際的な密輸組織が関わっているとみて、入手ルートなどを詳しく調べています。
    調べに対し、容疑を否認しているということです。

    逮捕されたのは、いずれも山口組系の暴力団幹部で東京・台東区の石井和夫容疑者(57)と韓国籍のリ・チャンユン容疑者(53)です。
    警視庁は関係先として台東区にある山口組系の暴力団、「国粋会」の本部事務所を捜索しています。
    警視庁によりますと、2人は去年10月、アメリカから覚醒剤7キロ、末端の密売価格でおよそ4億円相当を密輸したとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。
    海外の捜査機関から寄せられた情報をもとに成田空港に到着した荷物を税関が検査したところ、テーブルの板の中に透明な袋に入った覚醒剤が隠されているのが見つかったということです。
    去年、荷物の受け取り役とみられる人物が逮捕され、警視庁が捜査を進めた結果、携帯電話の通信履歴などから2人が密輸を計画したり、指示したりしていた疑いがあることが分かったということです。
    警視庁は国際的な密輸組織が関わっているとみて、入手ルートなどを詳しく調べています。
    2人は調べに対し、「身に覚えがない」などといずれも容疑を否認しているということです。

    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220414/1000078955.html

    引用元: ・【在日犯罪】覚醒剤4億円相当を密輸したとして暴力団幹部の在日韓国人リ・チャンユン逮捕 [844481327]

    【【在日犯罪】覚醒剤4億円相当を密輸したとして暴力団幹部の在日韓国人リ・チャンユン逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ