お隣さんニュース

海を挟んでお隣の国のニュースと時事ニュースをまとめてみました。

    カテゴリ: その他

    1: かわる ★ 2022/03/11(金) 19:14:41.13 ID:mNw1Teaz9
    ロシアのプーチン大統領は10日、ロシアに対する制裁は食料やエネルギー価格の上昇といった形で西側諸国に跳ね返るという考えを示した。同時に、ロシアは問題を解決しながら一層強大な国家になると宣言した。

    プーチン氏の発言は、自身が主張する自国の銀行、企業、新興財閥(オリガルヒ)を狙った「経済戦争」にも耐え得るとロシア国民を安心させる狙いがある。

    政府の会議で、ロシアがウクライナで行っている特別軍事作戦に代わるものはなかったと強調。ロシアは短期的な経済的利益のために主権を妥協することを受け入れることができなかったし、ロシアへの制裁はどのような場合でも課されただろうとした上で、「疑問や問題、困難があっても、われわれは過去に克服してきたし、今回も克服する。最終的にこれはすべてわれわれの独立、自給自足、そして主権の拡大につながるものだ」と訴えた。

    ロシアは、欧州で天然ガスの3分の1を供給する主要なエネルギー生産国だが、各国地域から包括的な制裁を受けながらも、契約上の義務を果たし続けると確認。米国がロシア産原油の輸入を禁止したことで「物価は高止まり、インフレは前代未聞の高さとなって歴史的な水準に達している。彼らは自分たちの過ちの結果をわれわれのせいにしようとしているが、われわれは全く関係ない」とした。
    https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-russia-idJPKCN2L728A?il=0
    1
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646990729/

    ホワイトハウス報道官サキ「ロシアが生物・化学兵器を使用しても、ウクライナへの米軍派遣を行うつもりは一切ない」★2 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646989940/
    【アメリカ】バイデン氏、支持率は中間選挙を控え前任者トランプ並みの史上最低レベルに「米国を(結束どころか)分断した」 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646989533/

    【生物兵器戦】ウクライナの生物研究所がロシア軍に制圧懸念=米国務省ヌーランド「研究資料がロシア軍の手に渡らないよう努力する」★2 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646853818/
    【証拠隠蔽推奨】WHO、ウクライナ研究所に危険度の高い病原体廃棄を助言 感染防止目的 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646986053/

    【梯子外す】EU首脳会議、ウクライナの早期加盟に消極的 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646986268/

    【ウクライナ】ゼレンスキー大統領とは何者か ユダヤ家系、親欧米派でコメディー俳優出身の44歳 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646648060/
    【ウクライナ】コメディー俳優出身ゼレンスキー大統領(44)の右腕は「映画プロデューサー」のイェルマーク大統領府長官 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646950669/

    引用元: ・【警告】プーチン氏「どんな困難があっても独立、自給自足そして主権の拡大につながるロシアは強大な国家になる。制裁国は跳ね返る」★2 [かわる★]

    【【警告】プーチン氏「どんな困難があっても独立、自給自足そして主権の拡大につながるロシアは強大な国家になる。制裁国は跳ね返る」】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/10(木) 18:13:13.18 ID:ow7szqFd9
    ウクライナのゼレンスキー大統領はイギリス議会でオンラインで演説し「決して降伏せず、決して敗北しない」と強調したうえで、ロシアに対する制裁のさらなる強化を求めました。
    ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、イギリスの議会下院でオンラインで演説しました。

    冒頭、ジョンソン首相はじめ、議員が起立して拍手で迎えました。

    ゼレンスキー大統領は「この戦争はわれわれが始めたわけでも、望んだわけでもない。しかし母国であるウクライナを失わないために戦わなくてはならない」と訴えました。

    そして侵攻開始からの13日間でロシア軍からのロケット弾などによる攻撃で50人以上の子どもが命を失い、ウクライナ国民は水を手に入れられない状況も続いているなどと説明しました。

    そのうえで「われわれは生きるか死ぬかという問題に直面している。答えは決まっている。生きることだ」と強調しました。

    第2次世界大戦中の1940年に当時のチャーチル首相が議会で行った演説になぞらえて「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも海で戦い、空で戦い、国のために戦い続ける」と述べたうえで、ロシアに対する制裁のさらなる強化をイギリスや国際社会に求めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220309/k10013521471000.html
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646896721/

    引用元: ・【ウクライナ】ゼレンスキー大統領「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも国のために戦い続ける」★7 [スペル魔★]

    【【ウクライナ】ゼレンスキー大統領「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも国のために戦い続ける」】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/10(木) 18:20:59.71 ID:ow7szqFd9
    画像
    https://i.imgur.com/Rbse5Yc.jpg

    (略)

     では、「死の手」が作動したら日本はどれほどの大惨事に見舞われるのか。

     ある時点で、何者かに急襲されたプーチン大統領の心肺停止が「死の手」に確認され、核報復システムが作動。首都モスクワから東に約1800km離れたウラル地方のコスビンスキー山の地下基地より、一発の通信ロケットが打ち上がる。

     この飛翔体が発するシグナルによって、ロシア国内に点在する約300ものICBMに自動発射の指示が下る。時を同じくして、北海道から北東に約500km離れたオホーツク海。深度約450mに潜んでいた原子力潜水艦にもその指令が到達する。

     「もしもロシア軍から日本に向けてミサイルが撃たれるとしたら、'13年から配備が始まったボレイ級原子力潜水艦が使われるでしょう。核ミサイルを16基搭載できるとされています」(菊池氏)

    広島型原爆の約62倍

     日本に向け発射されるミサイルの中に、「サルマト」や「アヴァンガルド」のような極超音速で飛ぶ核兵器が搭載されている可能性は高い。

     マッハ20の速度で飛行し、あっという間に日本上空に飛来する。日米のイージス艦などが追跡・迎撃を試みても、発見からものの数分で着弾してしまう極超音速ミサイルを完全に防御することは、ほとんど不可能だ。

     「イージス艦だけでなく、陸上配備型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』でも、この速度で飛来するミサイルを迎撃するのは不可能です。その速度はイージス・システムで対処可能な値をはるかに越えています。極超音速で襲来する兵器を防ぐことは、現在の日本の防衛網では極めて困難と言えます」(軍事評論家の兵頭二十八氏)

     では、日本のどの都市が「死の手」に狙われているのか。まず間違いないのは首都機能が集中している東京だ。

     特に、軍事施設は優先順位が高い。陸・海・空自衛隊の一体的な部隊運用を司る防衛省・統合幕僚監部が設置されている市ヶ谷は格好の標的だ。

     サルマトの場合、落ちてくるミサイルは一発だが、それは16個の核爆弾に分裂し、同時に爆発して、首都圏を蒸発させる。1個の子爆弾だけで、その威力は広島型原爆の約62倍とされる驚異的な威力だ。

     上の図の通り、東京はほぼ全域、神奈川、千葉、埼玉の主要部も焦土となる。図では便宜上、10個の核の爆発しか記載しておらず、実際の被害はさらに広く、半径100km圏内に及ぶ。

     すべての抵抗手段を完膚なきまでに叩き潰すため、自衛隊の基地は「死の手」の標的だ。朝霞や習志野、木更津、横浜といった駐屯地や、ヘリポートを備えている府中基地にも核は容赦なく襲い掛かる。

     必ず狙われるのは在日米軍基地も同様だ。米海軍の空母や潜水艦にとって重要な役割を果たしている横須賀基地、同じくキャンプ座間や横田基地も格好の標的となる。

     「熱線と爆風だけで数百万人単位の死者が出るのは確実。熱傷などの被害も含めれば、首都圏の死傷者は1000万人を超えるでしょう」(別の防衛省関係者)

     当然ながら、「死の手」に狙われるのは東京近郊だけではない。首都機能を担えるような大都市は区別なく核を落とされる。大阪や名古屋、札幌、福岡は壊滅的な被害を受けるだろう。この4都市に核が落ちれば、東京と同じように1000万人以上の被害者が出ると予想される。

     沖縄には在日米軍約2万5000人が駐屯し、太平洋には冷戦時代からのロシアの宿敵・第7艦隊がいる。「死の手」のAIが西側を殲滅すると決定したら、第7艦隊と共に沖縄も消滅対象となる。米空軍の攻撃力が集中している嘉手納飛行場や、弾薬庫がある辺野古の真上で核が炸裂する。

     他にも長崎の佐世保基地や青森の三沢基地、山口の岩国航空基地なども爆心地になるだろう。

    (略)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/18f866a492744a5d691f368b1608e28d00a7fc47
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646901412/

    引用元: ・【終国】プーチンが核ミサイルで狙う「日本の大都市」の名前が判明 広島型原爆の約62倍の爆撃で焦土に【画像】 ★6 [スペル魔★]

    【【終国】プーチンが核ミサイルで狙う「日本の大都市」の名前が判明 広島型原爆の約62倍の爆撃で焦土に【画像】】の続きを読む

    1: どどん ★ 2022/03/09(水) 15:08:37.82 ID:iLu22NSa9
    【AFP=時事】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は7日、同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟を断念する意向を示した。ロシアはウクライナを侵攻した理由の一つとして、同国のNATO加盟阻止を挙げている。

     ゼレンスキー氏は7日夜に放映された米ABCのインタビューで通訳を介し、「だいぶ前にNATOにはウクライナを受け入れる覚悟がないと理解し、この問題を冷静に考えられるようになった」と述べた。

     続けて「NATOはロシアとのいざこざや対立を恐れている」と指摘し、「ひざまずいて何かを懇願する国」の大統領にはなりたくないと述べた。

     ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領はウクライナ侵攻を開始する前、同国東部の親ロシア派武装勢力「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の主権と独立を承認。ウクライナにも承認を迫っている。

     この問題について問われると、ゼレンスキー氏は2地域を「ロシアしか認めていない偽の共和国」と呼ぶ一方、「これらの地域の存続形態について議論し、妥協案を見いだすことは可能だ」と回答した。

     さらに「私にとって重要なのは、これらの地域の住民でウクライナの一員でありたいと望む人の生活と、ウクライナにこうした人々を迎え入れたいと言う人がいるかどうかだ」「ただ承認すればよいという単純な問題ではない」と続けた。

     ゼレンスキー氏は「これは最後通告ではない。われわれは最後通告をするつもりはない。やるべきことは、プーチン大統領が情報を遮断して引きこもるのをやめて、話し合いを始めることだ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddbe4556e7c1cbc944b8065dfe5166ba2047916b

    関連ソース
    https://abcnews.go.com/US/video/zelenskyy-interview-david-muir-reporting-abc-news-exclusive-83309456

    https://i.imgur.com/UQ99n7j.jpg

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646799581/

    引用元: ・【速報】ゼレンスキー大統領 NATO加入を断念★6 [どどん★]

    【【速報】ゼレンスキー大統領 NATO加入を断念】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/09(水) 16:21:30.50 ID:1IOl98/b9
    世界中の誰もが現実に目を向けなければならない。ウクライナ侵攻によって、
    「核戦争」の勃発は着実に近づいている。一度始まってしまえば日本人も逃れることはできない。そのとき、何が起きるのか。

    これほど立て続けに世界各国の予想を裏切る男がいただろうか。ロシアのプーチン大統領だ。
    まさかクリミアを併合するはずがない、まさかウクライナに全面侵攻をするはずがない、まさか市街地に爆弾を落とすはずがないー。
    ウクライナの戦況を見れば誰もがわかるように、甘い期待はすべて覆された。
    今のプーチン大統領に「まさか」は通用しない。私たちが想像しうる中で、もっとも最悪の事態を彼なら起こすかもしれない。
    つまり、核兵器を使った「全面核戦争」だ。

    そして、それは十分にありえる。なぜならプーチン大統領は、己を見失いかねないほど追い詰められているからだ。
    ウクライナ戦争がどうなろうが、プーチン大統領の命運は尽きたと言える。
    このまま欧米諸国からの経済制裁が続けば通貨ルーブルは急落し、ロシア経済は確実に破綻する。国内での立場が危うくなれば、
    後がなくなったプーチン大統領が核使用という常軌を逸した判断を下す恐れが出てきた。

    「良心や常識が欠如した独裁者は、自分が失脚するくらいなら全世界を巻き込んで道連れにしようと考えます。
    プーチン大統領なら、そんな非合理的な決断をしても不思議ではありません」(ジャーナリストの常岡浩介氏)
    仮にプーチン大統領がそこで何とか自制したとしても、「核」の危機は去らない。
    「今回の大失態により、ロシア国内ではプーチン大統領に対する不満が急速に高まっている。起こりうるのは『暗殺』です。

    米国の情報機関はロシア政府内に異変が起きつつある兆候を察知している。プーチン大統領が『除去』される可能性もあるのです。
    しかし、これが核の封印が解かれるきっかけになりうる」(防衛省関係者)
    なぜならロシアでは「死の手」と呼ばれる核報復システムが稼働しているからだ。
    「『死の手』は、人為的な操作をせずとも自動的に核を敵に浴びせられる自動制御システムです。冷戦中の'85年、敵国からの核攻撃を想定した旧ソ連軍が、
    確実に報復攻撃を行えるようにするために運用が始まりました」(軍事評論家の菊池雅之氏)

    今なおロシアを守り続ける「死の手」は、何度も改良を経ている。運用開始当初は人間が発射ボタンを押す必要があったが、
    現在は司令部の非常事態を認識したAIが核使用の判断を下す。
    その判断材料の中には、最高意思決定者の不在、すなわちプーチン大統領の死も含まれている可能性が高い。
    彼の死を国家の存続危機だと判断した「死の手」が、ロシア各地に配備されている約1600もの核ミサイルを一斉に発射するのだ。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/93152?imp=0
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646804403/

    引用元: ・【終焉】プーチンが「暗殺」されたら即発射か…ロシア「核報復システム」の危ない実態 ★4 [スペル魔★]

    【【終焉】プーチンが「暗殺」されたら即発射か…ロシア「核報復システム」の危ない実態】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/09(水) 19:18:01.84 ID:1IOl98/b9
    ウクライナのゼレンスキー大統領はイギリス議会でオンラインで演説し「決して降伏せず、決して敗北しない」と強調したうえで、ロシアに対する制裁のさらなる強化を求めました。
    ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、イギリスの議会下院でオンラインで演説しました。

    冒頭、ジョンソン首相はじめ、議員が起立して拍手で迎えました。

    ゼレンスキー大統領は「この戦争はわれわれが始めたわけでも、望んだわけでもない。しかし母国であるウクライナを失わないために戦わなくてはならない」と訴えました。

    そして侵攻開始からの13日間でロシア軍からのロケット弾などによる攻撃で50人以上の子どもが命を失い、ウクライナ国民は水を手に入れられない状況も続いているなどと説明しました。

    そのうえで「われわれは生きるか死ぬかという問題に直面している。答えは決まっている。生きることだ」と強調しました。

    第2次世界大戦中の1940年に当時のチャーチル首相が議会で行った演説になぞらえて「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも海で戦い、空で戦い、国のために戦い続ける」と述べたうえで、ロシアに対する制裁のさらなる強化をイギリスや国際社会に求めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220309/k10013521471000.html

    引用元: ・【ウクライナ】ゼレンスキー大統領「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも国のために戦い続ける」 [スペル魔★]

    【【ウクライナ】ゼレンスキー大統領「われわれは決して降伏せず、決して敗北しない。どんな犠牲を払おうとも国のために戦い続ける」】の続きを読む

    1: かわる ★ 2022/03/07(月) 17:34:12.78 ID:PgvCq1+V9
     実はロシアは自国との国境に近い場所で、アメリカとウクライナが「細菌兵器の研究」を行っていることを「深刻な脅威」と位置づけ、国連に対しても調査を要請してきていました。
     しかし、アメリカもウクライナも「フェイクニュース」として無視してきていたのです。

     では、なぜアメリカ大使館は突然、そうした共同研究に関する情報を削除したのでしょうか?いずれにせよ、現在、ロシア軍はウクライナ国内11カ所に散らばる米軍の細菌兵器の研究拠点を押さえようとしていると思われます。

     プーチン大統領はそうしたアメリカによる生物化学兵器の研究拠点の存在を最も危険視し、これまでも繰り返し、そのことを国際社会に訴えてきていたからです。ところが、国連も欧米諸国も一向に動こうとしなかったのです。

     問題はこれらアメリカ軍主導の研究開発拠点がこの2月末には完成することが明らかになったことです。「このままでは国家存亡の危機になりかねない」という差し迫った危機感がプーチンのウクライナ侵攻を決断させたようなのです。

     小生は決して親ロ派ではありません。とはいえ、プーチン大統領が国際社会からの糾弾や経済制裁が強く想定されるにもかかわらず、今回の暴挙に出た理由はほかにもいくつもあり、考えさせられてしまうのです。いわゆる、アメリカにとっての「不都合な真実」隠しという側面があるのでは、と言っても過言ではないように思われます。

     プーチン大統領がウクライナ侵攻で狙った真のターゲットは何か?それはアメリカがウクライナに極秘に維持していた「生物化学兵器」の研究開発拠点11カ所を抑え、アメリカの最先端技術を収奪することにあると思われます。幼いころのいじめ体験から、柔道に生きる術を見出したプーチンらしいところです。

     一方で、アメリカ政府はことあるごとに「ロシアのウクライナ侵攻が近い」と警告を発していましたが、実際に戦闘が始まっても、アメリカは軍事的な対応はしていません。アメリカ製の武器や弾薬はウクライナのみならず、周辺のポーランドなどに大量に売りつけるだけです。アメリカやイギリスの軍需産業にとっては「願ってもないビジネスチャンスの到来」というわけでしょう。
    https://www.data-max.co.jp/article/46415

    引用元: ・アメリカ主導の細菌兵器研究拠点がこの2月末にウクライナに完成 「このままでは国家存亡の危機になりかねない」プーチン侵攻を決断か [かわる★]

    【アメリカ主導の細菌兵器研究拠点がこの2月末にウクライナに完成 「このままでは国家存亡の危機になりかねない」プーチン侵攻を決断か】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/07(月) 16:16:18.23 ID:ULgJQ9sH9
     【フランクフルトAFP時事】ウクライナ侵攻を受けたロシアからの石油や天然ガスといったエネルギー禁輸について、ドイツの閣僚からは6日、相次ぎ否定的見解が示された。ベーアボック外相は公共放送に対し「禁輸開始から3週間で残り数日で電気がなくなると自覚することになる。制裁破りしか道はなくなる」と断言した。

     リントナー財務相も独紙ビルトに、エネルギー禁輸よりも「プーチン体制で利益を得てきた人々、ロシア国民の富を盗んできた人々が欧米の繁栄を享受できないようにすることだ」と主張。先進7カ国(G7)で協調しロシア新興財閥(オリガルヒ)を追い詰めるよう呼び掛けた。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022030700557&g=int

    引用元: ・【悲報】ドイツ、ロシアからのエネルギー禁輸に後ろ向き 外相「開始から3週間で残り数日で電気なくなる。制裁破りしか道はない」 [スペル魔★]

    【【悲報】ドイツ、ロシアからのエネルギー禁輸に後ろ向き 外相「開始から3週間で残り数日で電気なくなる。制裁破りしか道はない」】の続きを読む

    1: BFU ★ 2022/03/07(月) 18:18:42.81 ID:1JeqyNRS9
    [2022/03/07 16:55]

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000247123.html


     ロシア国営テレビによりますと、ロシア国防省は首都キエフなど4つの都市で日本時間の7日午後4時から一時停戦し、市民の避難を認めると発表しました。

     この措置はプーチン大統領とフランスのマクロン大統領の電話会談の合意に基づいて決定されたとしています。
    ※前スレ
    ★1
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646641773/

    引用元: ・【速報】ウクライナ首都キエフなど4都市での一時停戦を発表… ★2 [BFU★]

    【【速報】ウクライナ首都キエフなど4都市での一時停戦を発表…】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/03/07(月) 19:01:01.18 ID:UpxBHE019
     【フランクフルトAFP時事】ウクライナ侵攻を受けたロシアからの石油や天然ガスといったエネルギー禁輸について、ドイツの閣僚からは6日、相次ぎ否定的見解が示された。ベーアボック外相は公共放送に対し「禁輸開始から3週間で残り数日で電気がなくなると自覚することになる。制裁破りしか道はなくなる」と断言した。

     リントナー財務相も独紙ビルトに、エネルギー禁輸よりも「プーチン体制で利益を得てきた人々、ロシア国民の富を盗んできた人々が欧米の繁栄を享受できないようにすることだ」と主張。先進7カ国(G7)で協調しロシア新興財閥(オリガルヒ)を追い詰めるよう呼び掛けた。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022030700557&g=int
    ※前スレ
    【悲報】ドイツ、ロシアからのエネルギー禁輸に後ろ向き 外相「開始から3週間で残り数日で電気なくなる。制裁破りしか道はない」 ★3 [スペル魔★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646644421/

    引用元: ・【悲報】ドイツ、ロシアからのエネルギー禁輸に後ろ向き 外相「開始から3週間で残り数日で電気なくなる。制裁破りしか道はない」 ★4 [スペル魔★]

    【【悲報】ドイツ、ロシアからのエネルギー禁輸に後ろ向き 外相「開始から3週間で残り数日で電気なくなる。制裁破りしか道はない」】の続きを読む

    このページのトップヘ